高校生から大学生へ!出会いの数は雲泥の差!?

本日の人気記事

Sponsored Link

今回は高校生から大学生へ!出会いの数は雲泥の差なのかについて考えてみたいと思います。

よく高校生の頃に、

「俺は大学に行ったら彼女作るぜ!」

って言葉をよく聞いていました。特に私は男子校に進学していましたので卒業間近になると友人たちが言い訳のようにこんなことを言っていました^^

その時は、「なんで大学に行くことで彼女が作れるんだ?」なんて世間知らずなことを思っていましたが最近になって良く分かりました。


>>【注目!!】LINEで女性が示す脈ありアプローチ!!<<


Sponsored Link

大学に進学することで出会いの数が増える!?

私の周りで昔、先ほど冒頭で書いたような言葉を言っていたある友人がいました。

彼は高校生の時は部活に勤しんでいて全く【彼女】という存在とは無縁の人でしたが、高校を卒業し地元の大学に進学したのですが、ある日を境にポンと彼女が出来ました。

その後も言い方は良くないですが、会う度に彼女が違っていたのですがそんなに大学というのは出会いの数が多いのでしょうか!?

今回は高校と大学の出会いの差について書いてみました。

高校においての出会いの数

〇同じクラスでの出会い

〇部活をしているならそこでの出会い

〇塾・習い事での出会い

〇趣味での出会い

大学においての出会いの数

〇同じ学科の中での出会い

〇部活動・サークルでの出会い

〇委員会活動での出会い(高校で言う生徒会や実行委員会の様なものが独立してあります)

〇バイト先での出会い

〇趣味での出会い

〇コンパでの出会い

〇食堂・図書館などの大学内の施設での出会い

ざ~っと書いてみましたが結構差がありますね。


Sponsored Link

大学デビューによってガラッと変わる周りの環境!

私の友人の場合はコンパとバイト先での出会いが特に多かったようで、見事に女性関係では大学デビューしたといえるかもしれませんw

確かによくよく考えてみると大学受験が終わって男女共に心の扉がオープン状態になってしまっているのも彼女・彼氏が出来やすい環境になっていると言えるのかもしれませんね。

若い子の中では『大学に行ったら遊びまくるぞ~』って言っている子がちらほらいるのもこの辺が関係しているのかもしれませんね^^

私の中で今回調べてみて、

高校生・・・(大学へ行くための勉強の場)

大学生・・・(社会人になるための社交の場+勉強の場)

という風に解釈できました^^

冒頭にも書きましたが、私の昔の友人が「大学に行ったら彼女つくるぞ~!」って言っていたのは、出会いの場が広がることが分かっていた為に言っていた言葉だったんですね^^

そしてその友人は大学で出来た彼女とそのままゴールイン(結婚)まで辿り着きました。

こういったケースは結構多いみたいですので、いかに大学での出会いの数が多いのかということがわかります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、高校生から大学生へ!出会いの数は雲泥の差なのかについて簡単に紹介してみました。

因みに私の高校は進学校ではなく就職支援高校だったので極端に出会いの場が少なかったですが、それでも趣味の分野を生かし、当時彼女を作ることが出来ました。

でも。。。今となると大学ってやっぱり楽しそうだな。。。もう一度受験してみようかな!?

なんて思ったくらいですので、ぜひ高校で出会いの少なかった人でもチャンスの広がる大学進学はお勧めします。

kinntore
sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
女性にモテない男性の特徴とは?あなたはモテる男性?
女性にモテる為に忘れてはならない最低限のポイント
【出会の場】就活している大学生・社会人にもオススメの場所!
美人な女性って本当に性格悪いの!?
好きな人(女性)とのメールやラインでは女性が有利な理由!
ショック!!デートに誘ったけど断られてしまった時の二つの対処法!
女性との会話が続かない人は○○がないから!?
彼女と付き合うきっかけ!いろんなパターンを紹介!
女性にモテる男性の仕草ってあるの!?私が選ぶベスト5!
母性本能 くすぐる男のタイプってどんなの?言葉も魅力的なの?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です