フリーターや非常勤職員は結婚は出来ないのか!?その理由とは?


Sponsored Link

昨今の日本で増えてきている現状の中でフリーターや非常勤といった立場の方たちが増えている背景がありますが、その人たちは何故結婚に消極的なのでしょうか?

彼らは本当に結婚に消極的なのか?という点について考えてみました。


>>【注目!!】LINEで女性が示す脈ありアプローチ!!<<


Sponsored Link

私の友人のお話しなのですが恋人はいるけれども、なかなか結婚に踏み切れないという方がいます。

理由は、結婚したとしても家族の大黒柱として生活を支えて行ける自信も無いし、バイト先でいつクビを切られるか分からない状態なので、もし結婚して職が無くなってしまった時に家族を路頭に迷わせてしまうかもしれないという不安があるというものです。

まさにこれは昨今の日本の時代背景を物語っているような理由の一つです。

しかし、たとえフリーターだとしても恋人は出来ますし結婚はすること出来ます!私の周りでも実際に定職に就くことが出来ずともフリーターとして家族を養っている人だってたくさんいます。

定職に就くことが出来れば確かに安定した給料を元に生活をしていくことが出来るかもしれませんが、今のご時世は正職であってもクビをキられる時代です。

本当の意味での安定というのは現在の日本には存在しないのかもしれませんね。

確かどこかの政党のキャッチフレーズに「安定は希望」なんて言葉があったと思いますが、確かに現代の日本はそうなのかもしれません。

しかし、他の記事でも書きましたが人間の本来の目的は子孫を残していくことに意味があります。それを達成するためには恋愛をし、結婚し子供を作って育てなければなりません。

それが出来て人間としての役目を果たせたと言えるはずです。

職は条件を指定しなければいくらでもあります、まして家族を養なわないといけない状況でしたらある程度の仕事は出来ますしパートナーと力を合わせて稼いで行く事だって出来ます。

人生何とかなるものですw

要はフリーターや非常勤を理由にして結婚に対してキチンと自分自身と向き合っていないのが問題なのです。

自分に合った職が無ければ起業すればいいわけですし、その起業の仕方が分からないというのであれば私に一度連絡してみて下さい。

sponsored link
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
[cycloneslider id ="あなたと相性のいい記事"]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です