女性が共感を求める時の本当の心理とは?

誰しも女性と会話する時は何かしら共感できるものがあったり、うなずいたりする事もありますよね?

 

今回は女性が相手(男性)と話す時の心理状況について少しお話してみたいと思います。

共感というコミュニケーション

女性でも男性でも共感してもらえる人と話していると一緒に居て居心地が良くないですか?私はとても落ち着きますし、その相手とは上手くやっていけそうな気がします。

 

実は、この「共感」というコミュニケーションも恋愛においてはとても重要な役割を持つわけです。

 

特に女性の大半はおしゃべり好きですので、一緒に話している男性が共感してくれると、この人とは合うな~って思うわけです。なので、

 

女性「私料理するのがとても好きなの~」

私「そうなの!?俺も好きなんだよね!」

 

など、共感をする事で仲間意識の様な感覚に陥るわけです。

 

実際私もこの「共感」を色々な場面で試したことがあるのですが、一見相槌とも思える行動をするだけで相手の気分をとても良くすることが出来ました。

 

先にも書きましたが女性はとても「おしゃべり好き」ですので、共感を得る事が出来てると感じたら次から次へと話の話題が出てくる訳です。

 

一見あまり話とか好きそうじゃないな。。。って思っていた子ですら自分の好きな事に共感を得る事が出来たと感じるとかなりのハイペースでおしゃべりが始まった子も。。。

 

それくらいこの「共感」にはパワーがあるんですね。

 

しかし、「共感」をしてはいけないケースもあるのでここは知っておきましょう!

[ad#criteo-1]

「共感」をしてはいけない時

それは彼氏持ちや旦那持ちの人と会話する時です。

 

それはどういうときかというと、相手の女性がパートナーの愚痴を言ったりしている時です。具体的に言うと、

 

女性「最近彼氏が冷たいんだよね。。。」

女性「私の彼氏、絶対に浮気しているんだと思う!」

 

などの話しの場合です。こういった話しに対しては共感はしない方が良いです。間違っても、

 

私「え~?絶対浮気してるでしょ!」

私「そんな男となんて別れた方が良いよ!」

 

なんてことは言ってはいけません!誰でもそうだと思いますが、今付き合っているパートナーの悪口を言うのは相手の気分を害するだけです。

 

特に女性は彼氏や旦那の悪口は言われたくないと思っていますから。

 

「んじゃ、言うなよ!」って思ってしまいがちなんですが、先にも書いた通り女性はおしゃべり好きなんです。

 

ただ話をしたいんですね。よく言いますよね、

 

女性=感情的

男性=理論的

 

まさに女性は今の気持ちを「会話」というツールを使ってストレスを発散しているんです。

 

もちろん彼氏や旦那以外にも相手の友達・家族の悪口を言ったりするのもNGですよ!

 

んじゃ、会話する時(相談を持ちかけられた時)は自分の発言はどうすればいいの!?って思いますよね?

 

聞いてあげるだけでOKです!

 

女性が悩みを打ち明ける時というのは基本的に話しを聞いてもらいたい場合がほとんどです。なので別にこっちに解決策を求めているといった訳じゃないんですね。

 

なので、相談においてはじっくり女性の話しを聞いてあげる事に専念してあげるようにしましょうね。

 

それが相手にとても良い印象を植え付ける最高の行動なんです。

本気で結婚するなら
出会いアプリでなく結婚相談所!

相談所ごとの特徴をまとめてその特徴をもとにランキングを紹介をしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です