日本語のボーイフレンド、ガールフレンドは彼氏、彼女とは違う!?

今回は「ボーイフレンド・ガールフレンド」の二つの言葉で、日本と外国の言葉の意味の違いについて考えてみたいと思います。

ボーイフレンドもガールフレンドも日本の言葉ではない!

「ボーイフレンド・ガールフレンド」の言葉の違いについてですが、どちらも昔からある日本の言葉ではないです。

 

その為、日本人はこの二つの言葉を知らず知らずのうちに使い分けている傾向があるのです。

 

もう少し突っ込んだことを言うと、

 

「ボーイフレンド・ガールフレンド」 = 「一般的な異性の友達」

「彼氏・彼女」 = 「結婚はしていないが他の異性の友達よりも親密な関係」

 

と言った感じで使い分けられているはずです。

 

多分、日本人の深層心理の中では「ボーイフレンド・ガールフレンド」は直訳的に「普通の異性の友達」こう思っている人が多いと思います。

 

ただそれが、アメリカなどの諸外国ではBoyFriend・GirlFriendという言葉は「彼氏・彼女」ってニュアンスに変わるのです。

 

どうしても自分の住んでいる国でのニュアンスでしか考える事が出来ませんので仕方ない部分はあるのですが、このニュアンスのままで外国では話さないようにしたいものです。

[ad#criteo-1]

こんな事がありました!

以前、私の友人が外国の方と話していて私のことをボーイフレンドと紹介したのです。

 

すると外国の方は、「同性愛」の人かと勘違いしたらしく、

 

「頑張ってね^^」

 

なんて、よくわからない言葉をかけてきました。

 

当時はニコニコしていたのですが、今となってはかなり恥ずかしいことを友人は言っていたんだなと。。。

 

日本では気軽に言ってしまいがちな「ボーイフレンド・ガールフレンド」ですが外国の方と話したりするときは少し考えて話さなくてはいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?結構、日本と諸外国の人とのニュアンスの差はあると思います。

 

なので中途半端な言葉を話してしまう前に自分自身もある程度、語学の勉強をした方がいいですね。

 

今回のことをまとめてみると日本では、

「ボーイフレンド・ガールフレンド」 = 「一般的な異性の友達」

「彼氏・彼女」 = 「結婚はしていないが他の異性の友達よりも親密な関係」

こう思われがちなのですが、外国では、

 

アメリカなどの諸外国ではBoyFriend・GirlFriendという言葉は「彼氏・彼女」ってニュアンスに変わる。

 

これは覚えておきましょう^^

本気で結婚するなら
出会いアプリでなく結婚相談所!

相談所ごとの特徴をまとめてその特徴をもとにランキングを紹介をしています!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です